【サステナブル】キッチンから始めるエコアイデアを考えてみました。

LIFESTYLE

環境にやさしく生活するために必要なエコ習慣。

難しいことは続かないと思うので身近で簡単なことから初めて行けばいいと思います。

今回は「キッチン」をテーマに簡単に出来るエコ習慣を考えてみました。

1.使い捨てラップの使用をやめる

廃棄プラスチックを減らす活動が最近よく見かけられます。家庭で出来る習慣に置き換えると、ラップの使用を辞めてシリコン製のラップやみつようラップで代用するのはどうでしょう。

2.ジップロックの使用をやめる

これも1.と同様に廃棄プラスチックを減らすため、シリコン製バッグに変えたり、タッパーに代用が出来ます。私の場合は料理で揉んだり漬ける作業はジップロックを使っていましたが、シリコンバッグに変えました。保存の場合はタッパーやガラス瓶に入れています。

3.お弁当に入れるホイル製カップをやめる

お弁当におかずを入れるのに便利なホイル製カップ。使い捨てのものが多いですが、こちらもシリコン製のものが最近多く販売されています。洗って繰り返し使用でき、電子レンジも対応しています。

4.パンの袋や牛乳パックを使って生ごみを捨てる

以前の記事で紹介しましたが、フライングタイガーやイケアにはシリコン製のクッキングシートが売っています。繰り返し使用できますし、生地がくっつくこともないです。1枚持っていれば十分使いまわしが出来そうですよね。

5.牛乳パックをキッチンペーパーとして再利用

油もののお料理で活躍するキッチンペーパー、ついつい使いすぎてしまいますが牛乳パックでも代用できるの知っていましたか?飲み終わったあとの牛乳パックを洗い、ハサミで開いたら内側と外側のつるつるした紙を剥がします。両側のつるつるを剥がしたら、キッチンペーパーの出来上がりです。一度試してみてください。

6.クッキングシートもシリコン製に変える

エコバッグを使うようになってから生ごみをどう捨てようか悩むことがしばしばあります。今まではコンビニやスーパーの小さめレジ袋に入れていましたがそれが無くなり、何に入れようか困っていました。まだ正解は分かりませんが、現状は食パンの袋や牛乳パックなど生活で出た入れ物で代用できています。

7.定期的に冷蔵庫の中を掃除する

冷蔵庫にたくさんの食材を入れすぎると、冷機の循環が悪くなり冷やす能力が低下し消費電力が増加する可能性があります。電気代もその分増えてしまいます。

冷蔵庫でチェックすることは、量・設定温度が適切か・冷蔵庫の上に何か置いていないか・冷やす必要のないものまで入れていないか、など。

8.フライパンやお鍋の底の水は拭いてから火にかける

水滴を飛ばすためには無駄なエネルギーが必要となるため、しっかり拭いてから使用します。

9.自然由来の食器洗剤をつかう

石油系の洗剤は流された後分解するのに時間がかかるのに対し、自然由来の洗剤は分解が短時間で行われます。また生産においても環境に配慮した方法で作られています。

有名なところだと「エコベール」「ヤシノミ洗剤」「Sonett」がおすすめ。ただ洗剤によっては手荒れしてしまうこともあるそうなので、自分にあったものをチョイスするのが良さそう。

10.フードクリップで食品長持ち

100円ショップや雑貨屋さんでよく目にするフードクリップ。お菓子やお砂糖・お米・野菜の袋など、1回で使い切れなかったときに大活躍。何か他の容器に移すより楽だし、食品も長持ちして重宝しています。

┃まとめ

キッチンで出来そうなアイデア10個を絞りだしました。

シリコン製グッズは初期投資は必要ですが、そこまで高くないですし繰り返し使えるので節約にもなると思います。個人的には生ごみ処理についてはまだ試行錯誤しているところです。

関連記事

maria net |
フライングタイガーで見つけたキッチングッズ。/
maria net |
【イケア編】エコでエシカルなキッチングッズで/

コメント

タイトルとURLをコピーしました