【Otameshi・KURADASHI・食べチョクを比較】通販サイトでフードロスを減らそう!

LIFESTYLE

「食費を削減できて、フードロス問題に貢献できる」

そんなお財布にも地球に優しい通販サイトがコロナの影響によって注目を集めました。

オンラインでの注文なので人との接触がなく、お得に食材を購入することが出来るのです。

今回は実際に使った感想とよりお得に使う方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

┃スーパー感覚で使える「Otameshi」

「Otameshi」では賞味期限が近くなった食品、パッケージに変更がはいった商品、過剰生産品をメーカーから買い取り出品。

売り上げの一部は動物愛護団体や自然保護協会などへ寄付されます。

「Otameshi」の最大の特徴は品数の多いためスーパー感覚で利用できることです。

特にインスタントやお菓子などの加工食品の取り扱い数が他サイトと大きく異なります。

加工食品だと保存がきくので多めに買っても困らないのが嬉しいですよね。

私はレトルトカレーや乾麺を買うことが多いです。

出品しているメーカーは「KAGOME」や「UCC」など大手メーカー揃っているので馴染みのある商品も多く揃っているので安心してお買い物できます。

サイト
コンセプト
訳あり商品をメーカーから低価格で買い取り、販売。購入金額の一部が寄付される仕組みになっています。 
商品の種類 食料品(加工食品が多い)・美容や健康用品・日用品
・ペット用品
よりお得に利用するには・アウトレットセールを利用する
・楽天payを利用できるので楽天ポイントでの支払いも可能
・ポイントインカム等のポイントサイトを経由して購入する

┃ショッピングと寄付が両立する「KURADASHI.jp」

「KURADASHI.jp」の社会貢献活動に賛同したメーカーから商品を協賛価格で提供してもらうことで、手ごろな価格を実現しています。

掲載されてる商品は、商品ごとに社会活動団体への支援金額が設定されており、商品を購入すると指定された団体へ寄付される仕組みになっています。

私はまとめ買いしても長くもつ飲料品をよく購入します。

また他のサイトに比べると美容・健康関連の商品が充実しています。

試してみたかったシャンプーや美容液を購入する際はこのサイトをチェックしています。

サイト
コンセプト
 商品ごとに支援団体先と支援金額が設定されている。つまり「ショッピング=寄付」が実現。
商品の種類 食品類・美容や健康用品・日用品
よりお得に利用するには 月額540円のプレミアム会員登録をすると送料無料になる。頻繁に使うようであればお得になるかも。

┃こだわりの生産者さんから直接購入「食べチョク」

「食べチョク」から購入すると従来の流通ルートは経由せず、独自のルートで私たちの手元に届きます。

通常、スーパーなどで販売されている農畜産物は農家さんの手を離れてからJAや小売店を経由して私たちの手元に届きます。

その際の生産者さんへの粗利は約30%。

しかし「食べチョク」経由だと生産者さんへの粗利は80%でかつ、注文後に収穫し最短24時間で届くそう。

「食べチョク」でお買い物をして実感したのは、「私たちが食べる食材は必ず誰かが作っている」ということ。

とても当たり前のことですが、今までスーパーで並べられている食品に対して「誰が作っているのか」と関心を向けたことが少なかったことに気づきました。

お買い物の基準は「産地」と「値段」。

恥ずかしながら「誰がどんな思いで作ったか」という判断基準は今までありませんでした。

「食べチョク」では生産者さんの写真と一緒に、その食品がどのような過程を踏んでいるのか、生産者さんの想いを知ってから購入できます。

サイトコンセプト 農家と直接つながることのでき、生産者さんに正当な利益が還元さえれる。
商品の特徴 食品(野菜や魚、果物など生もの・オーガニック食)
よりお得に利用するには・LINEの友達登録でクーポン配布
・初回限定で「おまかせ野菜宅配」が1000円オフ

┃まとめ

食品廃棄削減に貢献が出来るサイトの紹介、いかがでしたでしょうか。

タイトルにある「食費の削減」についてこちらで解説したいと思います。

農林水産省の「食品ロス統計調査(平成27年度)」によると2人世帯における食品廃棄率は4%となっています。

食品廃棄率の4%を月々の食費にかけると、毎月いくら分廃棄しているか分かります。月々の金額は大したことがなくても年間で考えると大きな数字になりますよね。

上記の計算は食品廃棄に関心がある方には当てはまらないかもしれませんが、購入先を今回紹介したようなネットショッピングに変えるだけでも月々の食費が抑えられるのは想像できると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました